MENU

マザークラス内田産婦人科医院

2021年6月1日更新マザークラスは現在、コロナウィルス感染防止対策の観点から休止中です。何か不安・心配なことがあれば、いつでも対応致します お気軽にお声がけください

上手なお産をするために…

上手なお産をするためには積極的な勉強も大切です。痛みを少しでも軽くして楽なお産ができるよう、呼吸法・リラックス法・補助動作を練習したり、お産について学ぶことによって分娩に挑む積極的な心を育てる…それがこの教室の目的です。ぜひ受講してください。

  • 日時:第2,第3,第4木曜日 13時~15時
  • 場所:当院1階 マザーホール(無料)
    ※ご主人様他、どなたでも参加できます。

痛みを少しでも軽くして楽なお産ができるよう、呼吸法・リラックス法、補助動作を練習したり、お産について学ぶことによって、分娩に臨む積極的な心を育てる、それがこの教室の目的です。

当院では、ご主人の立ち会い分娩をおすすめしています。

  • 第2木曜日  妊娠・栄養について
  • 第3木曜日  分娩について
  • 第4木曜日  母乳・産後について 院内見学

※母子手帳持参のうえお越しください

手のかからない子に手をかけて

「サイレントベビー」をご存知ですか?泣かない赤ちゃんがいます。おかあさんがよく言います。「泣くんです。ずっと泣くんです。」ととても困ったように…。

分娩台の上で産声を上げた時から赤ちゃんは泣き続けます。その声を聞きながらその場にいる誰もがみな、「良かった、元気な赤ちゃんで」と泣き声に拍手を送ります。ではそのずっと泣き続ける赤ちゃんはいったいいつ泣きやむのでしょうか…。お母さんの胸に抱かれた瞬間にぴたっと泣きやみます。

臍帯から切り離された瞬間からひたすらお母さんを求めて泣きます。不安いっぱいの世界に放りだされて、唯一安心できる人を求めて泣きます。それはお母さんです。ひたすらお母さんを求めて泣き続ける赤ちゃんが、何もしてもらえなかったらどうなるでしょう… 泣かなくなります。無視され続けると何も感じなくなります。次第にあきらめて無表情になります。

手のかからない子に手をかけて

少し抱っこすることに疲れたお母さんには誰かかわってあげればいいんです。お父さんでも、おばあちゃんでも… そしてまた元気になったお母さんが抱っこできればいいんです。

誰かに支えられて、抱っこされる心地よさ・愛される安心感を感じながら赤ちゃんは、生きる力をより発揮して行きます。1人では生きていけない「人」に必要な「信頼関係」を築くことを学んでいきます。

泣き続ける赤ちゃんを困らないでください。赤ちゃんにはそれしか方法がないんです。抱っこしてほしいだけです。抱っこし愛してくれる人がいることに気づいた赤ちゃんはきっとお母さんを困らせなくなると私は信じています。

「手のかからない子」にこそ手をかけてほしい。泣かない・わがままも言わない・なんでもいう事をきく子をいい子だとは思わないでください。
「これから赤ちゃんはいっぱい泣くよ、ずーっと泣くよ、だから「なんで泣くの」って思わないで抱っこしてあげて!」と私は、最初にお母さんの胸に赤ちゃんを抱かせた時に言います。

そのうち子どもたちは、いつの間にか声をたてずに泣くようになります。いい子ほど泣き顔を見せません。人知れず、お母さんにもわからないように声を殺して泣きます。

そんな日がきっとやってくるのです。声を出して泣けるうちは、たくさん泣かせてあげてください。お母さんの胸で思いっきり泣くわが子をほめて、抱きしめてください。お母さんが大好きな子どもたちです。

助産師 内田美智子

内田美智子著書

内田産婦人科医院

〒824-0031
福岡県行橋市西宮市5丁目1-10(ハローワーク前)
電話番号 0930-23-0155

休診日:日曜 祝日 盆 年末年始
・アクセス JR行橋駅より徒歩7分
・駐車場 第一駐車場16台(第二駐車場33台)